アプリケーション

波長(nm)とは

「光」は電磁波という波のひとつです。空間を伝わる波の山から山の長さを示します。 この波の長さを波長といい、この波長を表すのにλ(ラムダ)を用います。 光の色の違いは、この波の長さによって決まります。

λは通常Å(オングストローム)、μm(マイクロメートル)とともにnm(ナノメートル)が良く使われます。

「光」は、この波の長さが短いものから、紫外線、可視光線、赤外線と呼ばれますが、この領域以外では紫外線よりも波の長さが短いX線やγ(ガンマ線)、赤外線よりも波の長さが長いマイクロ波などの電波があります。

wavelength

紫外線から赤外線の波長は以下に分類され、各種分光器で測定が可能です。

紫外線(UV:Ultra Violet)

380nm以下の波長を紫外線と呼び、200nmまでを近紫外線、200nm以下を遠紫外線と分類します。さらにおよそ100~280nmをUV-C、280~315nmをUV-B、315~400nmをUV-Aと分類します。また、200nm以下の波長を真空紫外域(VUV)とも呼びます。これら紫外線は人間の目で認識することはできませんが、蝶などの昆虫の多くは認識ができます。

主な紫外域用分光器:Maya2000ProOcean-HDXQEPro

可視光線(VIS:Visible)

およそ380~780nmの波長範囲の光であり、人間の目が認識することができます。 この可視光線を色で表すと、短波長側から、紫→青→緑→黄→橙→赤となり、いわゆる虹の色彩のイメージとなります。

主な可視域用分光器:FLAMEシリーズOcean-FXHR4000QEPro

赤外線(IR:Infrared)

780nm以上の波長を赤外線と呼び、780nm~2500nm(2.5μm)を近赤外線(NIR)、2.5~4μm程度を中赤外線(MIR)、また4~1000μm程度を遠赤外線(FIR)と分類します。 NIRは家庭用リモコン、FIRは熱源としてこたつや電気ストーブなどに利用されています。

主な近赤外域用分光器:NIRQuestシリーズFLAME-NIR

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら