製品情報 Products

フィラスーパーコンティニューム光源 FYLA SCT

カタログ/技術資料

測定内容

測定内容から探す

    反射測定, 透過・吸収度測定, 色測定, 蛍光測定, オンライン測定, 近赤外域測定, 定性分析

分野

分野から探す

    レーザ, 教育, 近赤外域, 太陽電池, 分析・検査

フィラ社製FYLA SCTは非常に出力が安定したピコ秒レーザのスーパーコンティニューム光源です。フォトニック結晶ファイバの非線形効果から得られる450〜2300 nm のスペクトル範囲で平均出力1W以上、可視域で30mW以上の出力を実現します。

材料特性評価のための反射/透過測定、可視/近赤外/赤外分光法、単一分子分光法、蛍光励起等の様々なアプリケーションに使用できる広帯域スペクトル光源です。

また、オプションのFYLA TWチューナブルフィルタと組み合わせることで、任意の線幅スペクトルの出力が可能です。

特長

・高出力安定性、低ジッタ
・アライメント/メンテナンスフリー
・可視から近赤外においてフラットなパワーバランス
・コンパクトサイズ

FYLA SCT仕様

fyla_sct_001.png
平均出力 >1000mW
パルス幅 <10ps
スペクトル範囲 450~2300 nm
繰り返し 40MHz
出力安定性 <0.5 % (標準偏差・24時間点灯)
帯域出力 450~750 nm >30mW / 750~1000 nm >50 mW / 1000~1100 nm >400 mW / 1100~2300 nm >800 mW
偏光 無偏光
出力 シングルモードファイバー出力、コリメータ取り付け可
動作温度範囲 20~30℃
保管温度範囲 0~60℃
サイズ 436×560×151 mm (WxDxH)
レーザ安全クラス クラス4(クラス4レーザの取り扱い方法に準拠した形で運用をお願いします。)
fyla_sct_007.png
<発振原理>
出力スペクトル
<出力スペクトル>

FYLA TW仕様

fyla_sct_003.png
スペクトル可変範囲 450~750 nm
偏光 無偏光
出力 フリースペース、FC-APCコネクタ付きマルチモードファイバ(1m)
動作温度範囲 20~30℃
保管温度範囲 0~60℃
サイズ  260×162×157 mm(WxDxH)
線幅 5~300 nm
分解能 1 nm
減衰率 <25%(フリースペース)、<75%(ファイバ出力)
fyla_sct_004-3.png
<フィルター後スペクトル例>
*650nmを中心波長に設定し、線幅を40nm~320nmに可変。
fyla_sct_005-3.png
<フィルター後スペクトル例>
*線幅20nmスペクトル

オーシャンインサイト社製品について

オーシャンインサイト社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら

本ウェブサイトに記載の外観・仕様などは、予告なく変更することがありますので予めご了承ください。本Webサイトに記載の会社名・製品名は、各社の商標もしくは登録商標です。