ベンタブラック

reflectance 0.036%

英国Surrey NanoSystems社が製造するベンタブラック®は、地上で最も黒い物質である、反射率0.036%のブラックコーティングです。衛星搭載の黒体校正システムの一部として開発されたベンタブラックは、独特の物理的特性と光学的特性を活かし、衛星搭載機器から美術品まで、様々な用途のコーティング材として幅広い利用が見込まれます。
ベンタブラックは真空蒸着方式でコーティングするため、材質、形状、大きさなどに制限がありますが、スプレー方式のベンタブラック S-VIS(反射率0.2%)を使用することで様々な形状の筐体へのコーティングが可能になります。

ラインナップ

● 紫外・可視・近赤外対応ブラックコーティング
 ベンタブラックS-VIS

● 近赤外・赤外対応ブラックコーティング
 ベンタブラック S-IR

● ブラックコーティング ベンタブラック CVD

● CNTフリーブラックコーティング ベンタブラック VBx2

応用製品

赤外カメラ、衛星搭載機器、デジタルカメラ、HUD、
黒体炉、顕微鏡、天体望遠鏡、センサ、美術品、建材、
スマートフォン、ディスプレイ等

特長

・紫外、可視、赤外域で超低反射率
・優れたBRDF特性
・広範囲な使用温度範囲
・衝撃や振動に対する耐久性
・outgasなし

ベンタブラック Performance

VB graph

ベンタブラック S-VIS Performance

S-VIS graph
InterOpto
2020年1月29日(水)-31日(金)に東京ビッグサイトで開催される展示会All about Photonics~InterOptoにて本製品を出展し、セミナーを行います。詳細は決まり次第ご案内します。

BMWは、ベンタブラックでコーティングした同社の新モデル、BMW X6をフランクフルトモーターショーに出展しました。

詳細を見る

オーシャンオプティクス社製品について

オーシャンオプティクス社の製品はこちら

オーシャンフォトニクス株式会社 ご連絡先

お問い合わせはこちら